2011/12 立蔵 ジギング&キャスティング

 

2011年10月から動き始めたジギング&キャスティングサービス立蔵

船長は大物ハンター立石さん

船は57フィートでとても綺麗ですし設備も申し分ありません。

特にフロントデッキは広くキャスティングには抜群です。

この日は6時30分出船で、まずは七里ヶ曽根でマグロのキャスティングからスタート、

七里に着いてみるとそこかしことマグロが飛んでいます、

しか〜し  射程距離に着く前に姿が無くなり、キャストしてみるも反応なし。

暫らくマグロを追いかけますが移動が早く捉えることができません。

マグロの姿が見えなくなり、とりあえずお土産確保のジギングスタート。

七里ではどてら流しでのジギングとなりますが、潮があまり動きません苦戦の予感

そんな中でもポツポツヒットしていきます、先ずは私(西村)に

ハマチ

林さんも

ハマチ

上津原さんも

ハマチ

この日のハマチはどれもメタボ体系で、とくに林さんの2本目はこの体系です。

それぞれ数本のハマチを確保したところで再びマグロキャスティングです。

しか〜し 状況は変わらず。

ひたすら追いますがついに捉えることができませんでした。

しか〜し この後 ドラマが

帰りにヒラマサのキャスティングポイントで

立石船長 『此方の方向へ出来るだけ遠投してください』 を合図に

一斉にキャスト開始、群を抜いた飛距離を出していた

坂井さんにドラマが

水深は10m

遠投してからロングジヤーク2〜3回目でスプラッシュとともに

酒井さんのロッド (MCワークスのEXPLOSION845) が大きく曲がる

ヒラマサは下へ下へと走ろうとするも坂井さんのニューソルティガ6000GT

のドラグはフルに締めこんである、水深が浅いためガチンコファイト強引に寄せる

ランディングまでのファイトタイム4分、流石です。

ヒラマサ 19.2キロの大政

おめでとうございます。

計量も一苦労です

船長ありがとうございました。

本日の釣果

 

 

 

inserted by FC2 system